【マンション管理士試験】[平成28年度][問35]

 甲マンション管理組合の平成 27 年度決算(平成 27 年 4 月 1 日~平成 28年 3 月 31 日)に当たり、平成 28 年 3 月 31 日現在の会計帳簿の現金預金の金額と銀行の預金残高証明書の金額に 3 万円の差異があった。この原因に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。ただし、会計処理は発生主義の原則によるものとし、資金の範囲は、現金預金、未収金、前払金、未払金及び前受金とする。

1  平成 28 年度分の管理費 3 万円が平成 28 年 3 月に管理組合口座に入金されていたが、会計処理をしなかったため、会計帳簿の現金預金の金額が 3 万円少ない。
2  平成 28 年 3 月分のエレベーター保守料 3 万円を未払金で会計処理していたが、3 月中に管理組合口座から自動引落しされていたため、会計帳簿の現金預金の金額が 3 万円多い。
3  平成 27 年度分と平成 28 年度分の損害保険料 6 万円(年間 3 万円)を平成28 年 3 月に管理組合口座から支払ったが、3 万円は前払金として会計処理したため、会計帳簿の現金預金の金額が 3 万円少ない。
4  平成 27 年度分の管理費 3 万円を未収金で会計処理していたが、平成 28 年 3月に管理組合口座に入金されていたことを見落としたため、会計帳簿の現金預金の金額が 3 万円少ない。

解答
                          

こちらからご確認ください