【マンション管理士試験】[平成28年度][問11]

一団地内に専有部分のあるA棟及びB棟の 2 棟の建物がある。区分所有法第 70 条に基づき、この団地内の建物の一括建替え決議を行おうとする場合に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、A棟及びB棟が所在する土地は、団地建物所有者の共有に属しており、その共有者全員で構成する団地管理組合(区分所有法第 65 条の団地建物所有者の団体をいう。)において、団地管理組合の規約が定められているものとする。

1  一括建替え決議を行う場合の議決権割合は、団地管理組合の規約に議決権割合に関する別段の定めがある場合にはその定めによる。
2  A棟の区分所有者Cが一括建替え決議に賛成しなかったときには、一括建替え決議に賛成したB棟の区分所有者Dは、Cに対して、区分所有権及び敷地利用権を時価で売り渡すべきことを請求することができる。
3  団地建物所有者の集会において、団地内建物の区分所有者及び議決権の各 5分の 4 以上の多数の賛成を得るとともに、A棟及びB棟ごとについて、区分所有者の 3 分の 2 以上の者であつて議決権の合計の 3 分の 2 以上の議決権を有するものが賛成することが必要である。
4  一括建替え決議においては、団地内建物の全部の取壊し及び再建団地内建物の建築に要する費用の概算額に加え、その費用の分担に関する事項を定める必要がある。

解答
                          

こちらからご確認ください