【マンション管理士試験】[平成27年度][問35]

管理組合の税金に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。ただし、「収益事業」とは、法人税法第2条第 13号及び同施行令第5条第1項に規定されている事業を継続して事業場を設けて行うものをいう。

1 恒常的に空き駐車場が生じているため、区分所有者及び区分所有者以外の者に対し、募集方法は両者を分けずに広く行い、使用方法は区分所有者の優先性を設けずに同一条件で駐車場を使用させている管理組合は、区分所有者以外の者の使用料収入のみが収益事業に該当し、法人税が課税される。
2 管理組合が収益事業を行っている場合は、法人税に加え事業税も課税される。
3 移動体通信業者との間で携帯電話基地局設置のため、屋上の使用を目的とした建物賃貸借契約を結び設置料収入を得ている管理組合の行為は、収益事業の不動産貸付業には該当しない。
4 管理組合に組合員が支払う管理費及び修繕積立金は、消費税の課税対象である。

解答
                          

こちらからご確認ください