【マンション管理士試験】[平成27年度][問32]

専有部分のある建物であるA棟~D棟(専有部分の床面積は同一でないも
のとする。)からなる団地の管理に要する費用と団地総会の普通決議(出席組合員の議決権の過半数による決議をいう。)に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約(団地型)によれば、適切なものはどれか。

1 施設損害賠償保険の更新に伴い、保険料が 15%アップするため一括払いにすることとし、団地総会の普通決議により、団地修繕積立金を取り崩した。
2 地震で損傷したA棟及びD棟の外壁並びにB棟にある団地管理事務所のフローリング床を補修するため、団地総会の普通決議により、それぞれの棟の修繕積立金を取り崩した。
3 今後の消費税増税に対処するため、団地総会の普通決議により、各棟の管理に相当する管理費に係る各組合員の額を一律に現在の額に 1,000円を加えた額に値上げした。
4 C棟にある団地集会所に係る電気料金の値上げに備え、団地総会の普通決議により、各団地建物所有者の土地の共有持分に応じて管理費を値上げした。

解答
                          

こちらからご確認ください