【マンション管理士試験】[平成27年度][問11]

一団地内に専有部分のある建物であるA棟及びB棟がある場合に関する次
の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、団地の敷地はA棟及びB棟の各区分所有者の共有であるものとする。

1 団地管理組合(区分所有法第 65条の団地建物所有者の団体をいう。以下この問いにおいて同じ。)において、A棟及びB棟の管理又は使用について団地規約(同法第 66条において準用する第 30条第1項の規約をいう。以下この問いにおいて同じ。)が定められている場合であっても、A棟の区分所有者の集会で、A棟の管理組合における管理者を定めることができる。
2 団地管理組合においてA棟及びB棟の管理又は使用について団地規約が定められている場合、A棟の建物の保存に有害な行為をしているA棟の区分所有者に対し、団地管理組合の集会で、区分所有法第 57条の行為の停止を請求する訴訟を提起するための決議ができる。
3 団地管理組合においてA棟及びB棟の管理又は使用について団地規約が定められている場合、その規約で定めた事項については、団地規約を変更又は廃止しなければ、A棟の区分所有者の集会において、A棟の管理又は使用に関する規約を定めることはできない。
4 団地内にA棟の区分所有者が共有する倉庫が存する場合には、A棟の区分所有者の 3/4 以上でその共有持分の 3/4 以上を有するものの同意がなければ、団地管理組合がその倉庫を管理するための団地規約を定めることはできない。

解答
                          

こちらからご確認ください