【マンション管理士試験】[平成23年度][問9]

建替え決議において、再建建物の敷地とすることができない土地は、区分所有法の規定によれば、次のうちどれか。

1  現在の建物の敷地(「甲地」という。以下この問いにおいて同じ。)の一部を売却し、残った土地
2  甲地の周囲の土地を購入して、甲地と新たに購入した土地を含む拡張された一体の土地
3  甲地と等価交換した甲地と同面積の隣接した土地
4  甲地の大部分を売却し、その代金で残った甲地に隣接する土地を購入し、甲地の残部と新たに購入した土地を含む一体の土地

解答
                          

こちらからご確認ください