【マンション管理士試験】[平成23年度][問29]

理事会の決議を経て通常総会に提出された議案について、理事長と監事が反対している場合において、理事長には受任者を理事長とした委任状が、監事には受任者を監事とした委任状が提出されているときの取扱いに関する次の記述のうち、標準管理規約及び民法の規定によれば、適切でないものはどれか。

1  理事長は、役員を辞任すれば、自分の1票を反対票として使うことができる。
2  監事は、自分の1票と委任状を反対票として使うことができる。
3  理事長は、自分の1票と委任状を賛成票として使わなければならない。
4  監事は、委任状を総会出席者の賛否の比率に応じて分けて使うことができる。

解答
                          

こちらからご確認ください