【建物維持】マンション管理標準指針

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画1][計画期間]

 

1.計画期間
標準的な対応 望ましい対応
25年程度としている。(新築時30年程度としている。)
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画2][修繕工事項目]

 

2.修繕工事項目
標準的な対応 望ましい対応
調査・診断の結果に基づいて、別表に掲げる18項目のうち、必要な項目の工事内容を定めている。 社会的背景や生活様式の変化等に応じ、性能向上(グレードァップ)工事の項目を計画に含めている。
解説
コメント
関連

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画3][修繕周期]

 

3.修繕周期
標準的な対応 望ましい対応
部材の耐用年数、修繕履歴等を踏まえ、調査・診断の結果に基づいて設定している。
解説
コメント
関連

修繕周期表

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画4][修繕工事費]

 

4.修繕工事費
標準的な対応 望ましい対応
修繕工事項目、部位ごとに、仕様、数量、単価等の工事費の算出根拠を明確に示している。
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画5][収支計画]

 

5.収支計画
標準的な対応 望ましい対応
修繕工事の計画期間の累計額が示され、その額を修繕積立金の計画期間の累計額が下回らないように計画している。 性能向上を(グレードアップ)工事費を含めた収支計画としている。
解説
コメント
関連

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画][見直し時期]

見直し時期
標準的な対応 望ましい対応
5年程度ごとに見直しを行っている。
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[長期修繕計画書][保管][閲覧]

長期修繕計画書の保管・閲覧
標準的な対応 望ましい対応
区分所有者又は利害関係人の求めに応じて閲覧できる状態で保管している。
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[修繕積立金][額(住戸あたり)]

 

修繕積立金の額(住戸あたり)
標準的な対応 望ましい対応
概ね、適切な長期修繕計画に基づいて算出される必要修繕積立金の負担割合に応じた額としている。
(駐車場使用料等からの繰入金を含む。)
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[大規模修繕工事の実施]

大規模修繕工事の実施
標準的な対応 望ましい対応
適切な長期修繕計画に定められた時期を目安とし、調査・診断の結果に基づいて、計画された工事の要否、実施する工
事内容等を決め、実施している。
解説
コメント
関連

【マンション管理標準指針】[耐震性の検討]

 

耐震性の検討
標準的な対応 望ましい対応
必要に応じて耐震診断を行い、専門委員会等において検討している。 耐震診断の結果に基づいて、必要な耐震改修工事を実施している。
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[設計図書][保管][閲覧]

 

設計図書の保管・閲覧
標準的な対応 望ましい対応
適正化法施行規則第102条に列挙された設計図書を、区分所有者又は利害関係 適正化法施行規則第102条に列挙された設計図書及び標準管理規約第32条関係コメントの⑤に掲げられている建物の修繕に有用な書類を、区分所有者又は利害関係人の求めに応じて閲覧できる状態で保管している。
解説
コメント
関連
調査

【マンション管理標準指針】[修繕履歴][整理][保管][閲覧]

修繕の履歴情報の整理、保管・閲覧
標準的な対応 望ましい対応
継続して修繕等の履歴情報が整理され、区分所有者又は利害関係人の求めに応じて閲覧できる状態で保管している。
解説
コメント
関連
調査

こちらからご確認ください