【マンション管理適性化法】7章[罰則]第110条

次の各号のいずれかに該当するときは、その違反行為をした指定試験機関、指定登録機関、登録講習機関、センター又は指定法人の役員又は職員は、30万円以下の罰金に処する。

一 第19条(第38条、第58条第3項及び第94条において準用する場合を含む。)又は第41条の14(第61条の2において準用する場合を含む。)の規定に違反して帳簿を備えず、帳簿に記載せず、若しくは帳簿に虚偽の記載をし、又は帳簿を保存しなかったとき。

二 第21条(第38条、第58条第3項、第94条及び第102条において準用する場合を含む。)又は第41条の16(第61条の2において準用する場合を含む。)の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をしたとき。

三 第22条第1項(第38条、第58条第3項、第94条及び第102条において準用する場合を含む。)又は第41条の17第1項(第61条の2において準用する場合を含む。)の規定による立入り若しくは検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は質問に対して陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をしたとき。

四 第23条第1項(第38条、第58条第3項及び第94条において準用する場合を含む。)の許可を受けないで、又は第41条の9(第61条の2において準用する場合を含む。)の規定による届出をしないで、試験事務、登録事務、講習事務又は管理適正化業務の全部を廃止したとき。

                          

こちらからご確認ください