【マンション総合調査】[建物の問題][議論]

解説建物の問題議論マニュアル
マンションに生じている建物の問題についてみると「外壁や共用廊下のひび割れ」が『30.1%』、「漏水や雨漏り」が『19.4%』となっています。それに対し、修籍・改修での具体的な議論についてみると工事が決定した」が『33.5%』、「修籍・改修の方向性は決定したが工事は決定していない 」が『30.9%』 となっています。

マンションで生じている建物の問題

この調査は、マンションに生じている建物の問題についてみたものです。全体では、「外壁や共用廊下のひび割れ」が30.1%、「漏水や雨漏り」が19.4%となっています。

<建物の外観等の状況>

外壁等の剥落 外壁や共用廊下のひび割れ 鉄筋の露出・腐食 屋外階段のたわみ・変形 柱・梁・屋根のたわみ・変形 漏水や雨漏り その他
12.3% 30.1% 8.7% 11.1% 1.4% 19.4% 15.8%


<建物の内部の状況>

床や天井のたわみ・変形 雨漏り その他
2.2% 5.7% 11.9%


<設備・配管の状況>

水道水から赤水発生 洗面台や台所、流しの排水のつまり 浴室やトイレの排水のつまり 給排水管の老朽化による漏水
1.8% 4.4% 4.3% 12.6%

マンションで生じている建物の問題

修繕・改修の方向での具体的な議論

この調査は、マンションの修籍・改修での具体的な議論の方向性についてみたものです。全体では、「工事が決定した」が『33.5%』(不明を除くと40.2%)、「修籍・改修の方向性は決定したが工事は決定していない (検討継続中) 」『30.9%』 (不明を除くと37.2%) となっています。

工事が決定した 修繕・改修の方向性は決定したが工事は 決定していない(継続審議中) 修繕・改修の方向性は決定したが工事は 決定していない(検討中止) 修繕・改修を検討しているが方向性を修繕・改修に決定するには至っていない(検討審議中) 修繕・改修を検討しているが方向性を修繕・改修に決定するには至っていない(検討中止) 不明
33.5% 30.9% 2.3% 12.2% 4.3% 16.8%

修繕・改修の方向での具体的な議論

マンション改修に関するマニュアルの認知状況

この調査は、マンション改修に関するマニュアルの認知状況についてみたものです。「マンション耐震化マニュアル」を知っている管理組合が『13.3%』、「改修によるマンション再生手法に関するマニュアル」が『11.5%』となっています。「ともに知らない」と回答した管理組合は『72.8%』です。

改修によるマンション再生手法に関するマニュアル マンション耐震化マニュアル ともに知らない 不明
11.5% 13.3% 72.8% 9.3%

マンション改修に関するマニュアルの認知状況

マンション建替え等に関するマニュアルの認知状況

この調査は、マンション建替え等に関するマニュアルの認知状況についてみたものです。「マンション建替えに向けた合意形成に関するマニュアル」を知っている『11.1%』、「マンション建替実務マニュアル」を知っている管理組合が『8.0%』、「ともに知らない」と回答した管理組合は『77.3%』です。

マンション建替えに向けた合意形成に関するマニュアル マンション建替え実務マニュアル ともに知らない 不明
11.1% 8.0% 77.3% 9.3%

マンション建替え等に関するマニュアルの認知状況

その他の技術情報の認知状況

この調査は、その他の技術情報の認知状況についてみたものです。「団地型マンション再生マニュアル」を知っている管理組合が『6.4%』、「持続可能社会における既存共同住宅ストックの再生に向けた勉強会」でとりまとめた共同住宅ストックの再生のための個別技術シート集が『2.8%』、「持続可能社会における既存共同住宅ストックの再生に向けた勉強会」でとりまとめた共同住宅ストックの再生のための技術情報が『2.7%』となっています。「すべて知らな い」と回答した管理組合は『81.6%』です。

団地型マンション 再生マニュアル 「続可能社会における既存共同住宅ストックの再生に向けた勉強会」でとりまとめた共同住宅ストックの再生のための技術情報 「続可能社会における既存共同住宅ストックの再生に向けた勉強会」でとりまとめた共同住宅 ストックの再生のための個別技術シート集 すべて 知らない 不明
6.4% 2.7% 2.8% 81.6% 9.6%

その他の技術情報の認知状況

                          

こちらからご確認ください