【マンション総合調査】[損害保険契約]

解説損害保険種類
マンションでは、火災や事故が発生した場合に備えて損害保険に加入するのが一般的です。全体では、『88.6%』が火災保険契約を締結しており、内訳が「掛け捨て型火災保険」が『58.5%』、「積み立て型火災保険」が『30.0%』となっています。

締結している損害保険契約

この調査は、管理組合が締結している損害保険契約についてみたものです。全体では、「掛け捨て型火災保険」が『58.5%』、「積み立て型火災保険」が『30.0%』で、合計『88.6%』が火災保険契約を締結しています。

掛け捨て型火災保険 積立型火災保険 ガラス保険 機械保険 地震保険 施設所有者管理者賠償責任保険 個人賠償責任保険 その他 特にかけていない 不明
58.5% 30.0% 6.7% 5.1% 43.2% 41.4% 44.7% 7.3% 1.5% 5.2%

締結している損害保険契約

                          

こちらからご確認ください